「宅地建物取引業法」の記事一覧

宅地の定義

出題率★★★ 宅地建物取引業法

宅地建物取引業は、「宅地」や「建物」の取引を業として行うものですから「宅地」や「建物」についての定めをしています。 1.宅地の定義 宅地建物取引業法で宅地とは、次の二つのものをいう。

宅建業法の具体的規制

宅地建物取引業法 宅建業法

⑴ 免許・取引士制度 誰でも自由に宅建業者になれるわけではありません。宅建業者になるためには宅建業の免許を受けなければ宅地建物取引業を営むことはできません。 また、宅建業者は専任の宅地建物取引士(以下、「取引士」または「・・・

スポンサーリンク

ページの先頭へ