「監督処分・罰則」の記事一覧

罰則

出題率★★ 宅建業法 監督処分・罰則

【重要度B】 ⑴ 刑事罰 3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金または両者の併科(79条) (業者) ① 不正手段による免許の取得 ② 名義貸しで他人に営業させた ③ 業務停止処分に違反して営業 (業者以外の者) ①・・・

監督処分⑤

出題率★★★ 宅建業法 監督処分・罰則

指導等【アドバイス】 ⑴ 指導等…国土交通大臣又は都道府県知事は、宅地建物取引業が適正に運営され、また健全に発展するように、宅地建物取引業者に対し、指導・助言・勧告をすることができる(同法71条)。 ⑵ 指導等をする者と・・・

監督処分②

出題率★★★ 宅建業法 監督処分・罰則

3.免許の取消し処分(特に重要) (1) 免許権者等は宅建業者が次のいずれかに該当した場合には、免許を取り消さなければならない(聴聞必要)(66条)。 (ア) 成年被後見人・被保佐人・破産者となったとき (イ) 禁錮以上・・・

スポンサーリンク

ページの先頭へ