抵当権【抵当権の目的】

宅建試験 抵当権 権利関係 民法

抵当権の目的(民法で定められているもの) 不動産(土地・建物)の所有権、地上権、永小作権が目的となる(369条)。 ※1 共有の持分権も所有権の一種として目的になる。 ※2 賃借権や地役権などは、登記されているときでも抵・・・

【抵当権】

宅建試験 抵当権 権利関係 民法

【重要度A】 抵当権というのは、債権者が一定の物を担保としてとるが、債権者がその物を取り上げずに持主やその物を担保として提供した第三者にそのまま使わせておき、貸した金を返してもらえないときに、この担保にとった物を金銭に換・・・

担保物件【質権】

宅建試験 担保物件 権利関係 民法

質権 【重要度C】 質権とは、債務者の財産(テレビ、不動産、預金通帳等)を預かっておいて、債務の返済がないときにはその預かっておいた財産から優先弁済を受ける権利です。質権設定契約は、目的物を質権者(債権者)に引き渡さなけ・・・

スポンサーリンク

ページの先頭へ