【重要度C】 地役権が成り立つためには、二個の土地が必要で、利益を受ける方の土地を要役地(ようえきち)とよび、要役地のために使用される土地を承役地(しょうえきち)とよぶ。 ※ 甲という土地のために乙という土地から水を引く・・・